ファイヤーオパール 角ダイヤモンド リボン&唐草 P.m リング #10 昭和ジュエリー /13687




ちょっと珍しいタイプの唐草リング

 

ファイヤーオパールが爪の段で支えられており、少し浮いたような形になっております。

石座も波打ったような形で、リボンのような装飾もあります。

唐草が少し入っていますが、根元はしっかり厚みのある板ですが、先端にかけて薄くなっており、唐草を綺麗に見せようという作り手の意図が伝わってきます。

ファイヤーオパールはあっさり系オレンジ色の地色に、赤、オレンジ、緑、黄緑、黄色の斑。遊色効果もあります。

 

表面に達しているキズがあり、ルーペで見ると容易に確認できます。肉眼の場合は、ここにキズがあるという意識で見ているとわかるくらいの程度です。

 

表面は細かいキズはありますが、経年を考えると普通程度ではないでしょうか?

脇のダイヤモンドも、ラウンドブリリアントではなく、バゲットカットで、リボン、や石座、唐草など曲線多用の中で、面数の少ない角ダイヤモンドがアクセントになっています。

 

アームは面取りされていますが、わりとしっかりと地金を使用しています。

材料のコストをあまり気にしなくて良くなってきた時代、そして量産量産ではなく、手間をかけて手作りできた時代。そういう時代を感じることができます。

 

これに類似する枠はあまり見ませんね。見つけることができればシリーズで集めてみたくなるデザインですね。

 

陰刻P.m 菱に「K」、菱に「Y」の陽刻

 

仕上げの後納品いたします。

バリッと雰囲気変わりそうな気もします。

アンティークの風合いがお好きであれば仕上げなしでの納品も可能です。(-1000円)

ご購入はこちらをクリック!→http://classics.shop-pro.jp/?pid=124684187




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA