0

やや大きめ アゲート(メノウ) 王冠透かし K18 リング #13 /16431




 

 




褐色で半透明…

何だろうこの石は…

と、思いましたが、縞があるのでわかりました。

メノウですね。縞のある瑪瑙はアゲートと呼ぶようですが、私たちは普段瑪瑙(メノウ)と呼んでいます。

ついでに言うと、縞がないものをカルセドニーと呼ぶようですが、カルセドニーもメノウと呼んでいますので、何でもメノウというよりは、アゲートとカルセドニーと分けて書いた方がわかりやすいですかね…

タイトルにやや大きめと書きましたが、メノウとして大きめという意味ではなく、

見ため的に・・・ という意味で、

メノウは縦約22㎜です。

石を支える石座を飾るのは、王冠透かし。それに加えてその上に、逆三角の透かしのある2段透かし。大きめの石座で個の細工ですので見ごたえありますね。

枠もまぁしっかり目で、刻印も陰刻ですから、割と後期の方かなと思います。

メノウの表面はキズもあまりなくコンディションは良いです。

最近わかった事ですが、メノウ(カルセドニー、アゲート)は大抵色を変える処理がされております。

どういう処理かまではわかりませんが、基本的には、色を変える処理がなされているとご理解の上ご注文下さい。

もし、鑑別書やソーティングメモの取得をご希望であれば、費用をご負担いただきましたら検査することは可能です。(はっきりした結果が出ないこともあります)

仕上げ済みです。

ご購入はこちらをクリック!→http://classics.shop-pro.jp/?pid=131464866




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA