0

羽衣モチーフ プラチナ&ダイヤモンド ミル打ち PM 帯留 /16669







天女の羽衣をモチーフとしたものだと思います。

リボンから連想する「西洋」的なものではなく、この帯留から伝わってくるのは、「和」的なものですので・・・

 

枠素材は、プラチナ

PM の陽刻ですが、こちらは、純プラチナに近い品位がありました。

布の柔らかそうな表現がよくできていますが、

板をの面をロウ付けしていく事で作成しており、割と重量感あります。

PM刻印の右側に4文字?彫られており、無理すれば「AMAI」読めなくもないような感じもありますが、何と彫られているかはわかりません。

 

ダイヤモンドは、キュレットがカットされている昔のダイヤモンド。

帯紐を通す輪も狭く、内径は9mm位でしたが、斜めに取り付けられているので、実際は8㎜位の紐を通すことになるのでしょうか?

ダイヤモンドは昔のカット。プラチナはしっかり使われていますが、唐草の時代のジュエリーから感じるものとはちょっと違う・・・。

では、いつごろのものだろう… 時代の特定は難しいですね。

 

時代はともかく、硬くて重たい金属を使って、柔らかくて軽い布を表現しているのは大した技量だと思いますし、こういうスタイルのプラチナの帯留はすごく珍しいですね。

仕上げ済です。

ご購入はこちらをクリック!→http://classics.shop-pro.jp/?pid=131930802




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA