0

ダイヤモンドと翡翠 菊花 P.m 帯留 ヴィンテージ /16958







ちょいと古めの帯留。

戦後のものだとは思いますが、佇まいが良いですね。

 

細かい部分を見てみると・・・

鋳造品であれば、型枠に地金を流し込んでつくりますが、

こちらはプラチナの板を組み合わせて作っています。

葉っぱの形から菊かなー?と思っていますがどうでしょうかね?タイトルに菊花と入れておりますが…

花の向きがやや上を向いています。寝せて写真を撮りますと、ダイヤモンドと翡翠が綺麗な角度で写りませんが、

これは、帯留と使用した時に、見られる目線を意識して作られていますよね。

ダイヤモンドは、中央付近に小さなインクルージョンが確認できますが、肉眼で見る範囲ではわからない程度です。

翡翠は内部にインクルージョンありますが、ボチボチ透明感もあり可愛いです。表面のコンディションも悪くないです。

ダイヤモンドと翡翠をセットしている覆輪留めにミル打ち、花びらに和彫り。葉っぱは粗目の艶消しに和彫りを楽しめます。

 

大きな視点で眺めてみると・・・

プラチナ&ダイヤモンド。西洋文化からの影響で入ってきた材料を使って、女性が和装で使う装身具を和のテイストで作成。

日本のジュエリー作成のルーツは明治以前は武具に携わっていた方々だったことを考えると、

大きな時代の流れを感じさせてくれますね。

 

帯紐を通す輪っかは、内径約9mm

刻印は、P.m  の陽刻です。

 

仕上げの後納品いたします。

ご購入はこちらをクリック!→http://classics.shop-pro.jp/?pid=132565424




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA