0

翡翠 ダイヤモンド取巻 千本透かし Pt850 リング #10.2 昭和ジュエリー /17070




 




プラチナダイヤモンド千本透かしリング。

千本透かしの1本1本は鋸刃で一線一線削っていった間にできた線です。

ですから、鋳造で出来上がった千本透かしとは、パッと見た目には似ていても、

そこに込められている技や、意識は格段に違っています。

最近、作りに関しての説明がくどいですが、作りに関して注目してみてくださいね。

翡翠は・・・

残念ながらグレイっぽさっもあり、かつ大きな範囲で色むらもあり良い翡翠とは言えないのですが・・・。

ただ、合成石全盛の時代にあって、プラチナを使い、ダイヤモンドで取り巻いて、貴石の一つである翡翠を選んでいるわけですから、そういう部分については当時は輝いていたんだろうなぁという思いはあります。

取り巻きのダイヤモンドは綺麗です。両脇のテーパーカットのダイヤモンドをセットしている爪が横から見ると張り出しており、このスタイルのリングにしてはちょっと特徴的なデザインですね。

アームは面取りとつや消しがなされています。現代のつるんとしたアームと比べると、一手間ふた手間かかっており、製作に効率重視の意識が目につく現代ジュエリーとの違いは感じていただけるかと思います。

仕上げの後納品いたします。

ご購入はこちらをクリック!→http://classics.shop-pro.jp/?pid=132902231




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA