2

リデコ昭和 エメラルドカット ガーネット K14WG リング #12 VJJ RD5 /17745




その他の画像はこちらをクリック!→https://photos.app.goo.gl/sBqXYdGSmvcdbk136

 




http://hizenya.net/redeco

 

作って満足して、紹介もせぬままそのままにしていたようで・・・

改めてのご紹介。

アーム部分の彫りは、現代の職人さんによるもの。つまり、後彫りです。

「リデコ」はリデコレーションの略で、つまり再装飾を意味していますが、

昭和の時代に、職人さんの手作りで作られたジュエリーがどんどん潰されていっている中、

何かできないか・・・

という中で生まれた発想。

 

最近、若手の職人さんに、ジュエリーの制作の打診をしてみたところ、

生き残りのために仕上げや、サイズ直しなどに特化している、

1点ものの制作はやっていない。

わかるでしょ?

 

的な事を言われたことがありまして…

「いや、わかりません」

とは、言えませんでしたが、

現代の職人さんは、確かに制作というよりはメンテナンスばかり。

 

そうやって、月日が過ぎているわけですが、

もっと、時代を俯瞰してみると、

それって、現代の職人さんの技が見える形で残りませんよね・・・

 

修理の痕跡とか、そういう部分でかろうじて見ることができるのかもしれませんが…

 

で、ジュエリーは、ファッションなのか、工芸品なのか、等という、

ジュエリー論に入っていくと、

自分なら、「技」「手仕事」的な、

作り手の痕跡を求めたい。

 

そういう事もあり、今後もリデコジュエリーは増やしていきたいなと…

ちなみに、この彫り上手でしょ。

彫りも上手下手如実に現れますからね・・・

昔のジュエリーは彫が上手なのが多いのに、現代ものは、インスタなどを見ていると、ありえないくらい下手くそなのが人気だったりもする。

あまり見ていると、気持ちがざわざわしてしまうので、見ないようにはしていますが…

超絶とか、そういう誇張表現を使いたいわけではなく、

普通にちゃんといい仕事をしている。それすらも、減ってきている。

だからこそ、大事にしていきたいですね。

というお話。

 

仕上げ済

メインの石のサイズ:約13.5mmx約11.1mm

メイン石のコンディション:表面に1か所肉眼で見える欠けがあります。

リングサイズ:約12号

刻印:K14(陽刻) WG(陰刻) VJJ RD5(陰刻)

ご購入はこちらをクリック!→http://classics.shop-pro.jp/?pid=134648101

 




2 thoughts on “リデコ昭和 エメラルドカット ガーネット K14WG リング #12 VJJ RD5 /17745”

  1. こんにちは。リデコリングお洒落ですよね。因みにサイズの変更は出来ますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA