0

メキシコ産オパール ダイヤモンド取巻き 千本透かし P.m リング #16.5? /18494




その他の画像はこちらをクリック!→https://photos.app.goo.gl/8FCTtdh1Nk34NpVr9




メキシコ産のオパールを使用した千本透かしダイヤモンド取巻きリング

地の色はややオレンジ色です。

斑の色はこの手のオパールにしては多彩で、赤、オレンジ、黄色、黄緑、水色、青等確認できます。

表面に一部欠けている(小さな穴)箇所があります。肉眼で一見わかりませんが肉眼で凝視すると確認できます。それ以外はにルーペで見ると表面にキズを確認できます。

石座にはミル打ちがほどこされ、その周囲をダイヤモンドが取巻いております。

ダイヤモンドは綺麗なものが使用されています。

 

千本透かしは鋸刃で透かした千本透かし。少し短めなところが特徴ですね。ロウ付け箇所が外れている箇所があります。強度的には問題ないですが、納品前に修復可能か職人さんに聞いて可能であれば修復の後納品を予定しております。

千本透かしの上には、丸のパイプをカットしたパーツを間隔を開けて並べた隙間があります。

千本透かしの上に透かしがあるものを2段透かしと私は呼んでいますが、そもそも彫ったり、切り取ったりした透かしたわけではなく、スペースを空けているって事になりますが、もともと呼び方もわからない中でつけていった名前なのですが、より詳しくなってくると、自分がつけた名前であってもこの呼び方でいいのだろうかと悩むことは多々あります。。。

 

アームは細めのスタイル。

千本透かしはそもそも、装飾と軽量化を兼ね備えたデザインだと思いますので、もともとは腕は結構細いですね。

唐草の時代に近づくと割とがっしりしてきますね。

もともと面取りされていたのか、面取りの手前位の角度のある曲線なのかわかりませんが、アームの断面は肩の付近は角度を感じます。

指の腹側は大幅なサイズアップの痕跡があり、そのあたりは角度を感じません。

 

最初気付きませんでしたが、大幅なサイズアップ故に、極端にいうとおにぎり型のような輪になっており、

サイズ棒では16号を示しますが、上の方にスペースがありますので、実際のサイズはもう少しあります。

 

千本透かしの修理、アームの面取り(ぐるっとやるか、肩付近のみかは職人さんと相談します)。仕上げの後納品いたします。

メキシコ産オパールのサイズ:約12.2mm x 約5.7mm

メキシコ産オパールのコンディション:本文中に記載しております。

脇石:ダイヤモンド 綺麗です

リングサイズ:約16.5号?

指の甲側の高さ(石座+石):約8.0mm

石座のサイズ:約16.1mm x 約11.3mm

指の腹側のアームの幅 x 厚み:約1.7mm x 約0.7mm

指の側面のアームの幅x厚み:約1.5-1.6mm x 約0.8mm

刻印:[P.m](陽刻)

ご購入はこちらをクリック!→http://classics.shop-pro.jp/?pid=136259516




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA