プラチナ 千本透かし
0

翡翠 千本透かし 陽刻P.m リング #12  手作り 昭和ジュエリー




翡翠 千本透かし P.m リング 昭和ジュエリー

翡翠そのものでは、特にお勧めする感じではありません。

透明感がなく、若干白っぽい感じです。

鋸刃で透かした短めの透かし、しっかり系で力強い感じです。

千本透かしの上にはアーチ状の窓のある2段透かし

腕の中央は何気に艶消し。現代のリングのほとんどはつるんとした鏡面の艶消しに対し、

この時代のリングは、あえてマットな表面にしているものが多いです。

金属の輝きというのは、鏡面光沢だけでなく、様々な見え方見せ方がある中で、現代ジュエリーのつるんとした腕ばかりではなく、

こうやって地金の輝きを、磨いたり、艶消したりそういった配慮がいいなと思います。

もちろん、現代のジュエリーでも艶消ししているものも多いですが、大抵はつるんとしているものが多いですね。

全面艶消しではなく中央を面取りして側面は鏡面。

このスタイル、何か呼び名でもあるんでしょうかね。

マット腕、中央マット腕、艶消し腕・・・

全面艶消しというのはあまり見た記憶がないので、とりあえず艶消し腕にしておこうか・・・

ご購入はこちらをクリック!→http://classics.shop-pro.jp/?pid=114341440

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください