0

ハートシェイプカット 翡翠 ダイヤモンド 唐草 Pt900 リング #11




 

 

 

このレベルの翡翠だと、綺麗に撮るのはたやすいのですが、綺麗に写りすぎないように気を使う場合も・・・

流石に、夜の暗めの蛍光灯だと思ったような感じには…

翡翠にはインクルージョンありますが、色も透明感もまぁボチボチいい感じではあります。

一見ペアシェープに見えるのですが、密かにハートというのも良いですね。

ハンドメイドの唐草と見ると、昭和50-60年代かなぁ、なんてことも思いますが、

メインの石がハートシェイプという部分を考えると、え?もしかして、平成?

等と、思ったりもします。

脇のダイヤモンドが、バゲットカットや、スクエアカットのように面数の少ないダイヤモンドであるところを考えると、やっぱりちょっと古いのかな?と、思ったり・・・

 

側面のみならず、上から見ても唐草というのは、リングとしてはちょっと珍しい感じですね。

横も上も唐草の透かしがあることで、割と軽やかな感じになっています。

全面唐草としたいところですが、肩の部分の側面が唐草ではないというところで、

表唐草という言葉を勝手に作ってみました。

側面を飾ることが多い唐草ですが、メインの装飾として立派な姿を見せております。

ご購入はこちらをクリック!→http://classics.shop-pro.jp/?pid=115568012

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください