メノウ 覆輪留め 千本透かし K18 リング #9.5 /9211
0

メノウ 覆輪留め 千本透かし K18 リング #9.5 /9211




メノウ 覆輪留め 千本透かし K18 リング #9.5 /9211
メノウの半透明感&ミル打ちの粒々感
透明なようで透明でない、透明でないようで光をわずかに通すこの感じが何とも言えないですね。
千本透かし。 手作りなんですよ~
この感じは光源を背後に持ってこないと出ませんので、指にセットしているときには見せない雰囲気です。 持ち主の方のみが楽しめる見え方ですね。
レンズが寄って陰になり光が遮られるとこういう感じにはなります。
覆輪留め&粒々~ もイイデスネ。
爪がないとスッキリ見えますね。
光を背景にした時のこの雰囲気は何度見ても良いですね。
サイズ感どうでしょう?伝わりにくいですかね??仕上げの後くすみ感は飛ぶと思います。あまり仕上げばっかりするとミル打ちの粒々の凹凸が甘くなったり良い事無いのです。 新品仕上げという表現は違っていて、仕上げの度に細かい凹凸無くなっていきます。 何も考えずに、きっつい仕上げをして魅力を半減させてしまう(ジュエリーが無表情になっていく)業者さんもいらっしゃいますが…
手作りです。現代ジュエリーは工賃のコスト意識が大いに影響しますので、これを手作りで。という発想にはなかなかなりませんね。手造りが当たり前だった時代のリングです。(当時も鋳造品はありましたが)
透かしも細く整っている方ではないでしょうか?
K18 の陽刻 これは、手作りの証拠というわけではなく、鋳造品でも同様の刻印はありますのでご注意を。

 

 

めのう(カーネリアン)を覆輪留めし周囲をミル打ちで飾った千本透かしリング

メノウの半透明感、細かいミル打ちの粒々感が良いですね。

透かしは、鋸刃?打抜き? 鋸刃っぽいですが違うような気も…

いずれにしろ、細く細かい透かしが良いですね。

仕上げの後納品いたします。

詳細はこちらをクリック!→http://classics.shop-pro.jp/?pid=119521557

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください