ジュエリー製作 メモ




2018/8/4

1ヶ月半ほど前に、とある方から、製作のご相談が…

製作に関しては、ちょっとした爪の大きさだったり、ルースで見ている状態と、枠にセットされた状態で石の印象が変わったり、とにかく繊細な仕事なので、基本的にはあまり受けたくありません・・・

予算、納期は問わない、何度作っても、理想のものではなかった場合、その都度費用の負担はいとわない。失敗しても笑顔で許して下さる・・・などなど

という条件を認めてくださるなら、まぁやってみようかな

という気持ちになるのかもしれませんが、

基本的に、一発で理想のものができるとは思っていないので・・・

 

というのも、お客様の脳内のイメージを、私が完全に理解することはできず、それを製作してくださる側にお伝えしても、お客様のイメージがちゃんと伝わっている自信はありませんし、

伝えたとしても、理想のものができるわけではなく、

例えば、あれ?思っていたより爪が大きいなぁ・・・

なんてことも普通にあるわけで、製作に関して私が日常的に行っているわけではないので、

要するに、私にオーダーを受けるプロとしての自信がないという事になるんでしょうかね。

お金が入ればそれでよい

という考えであれば、何でも仕事を請け負って、納品していけばよいのでしょうが

本当に喜んでいただく

事を考えると、今回はちょっと違ったなぁ みたいな部分を引きずったまま、お客様に納品する可能性もゼロではないので、そういう事を考えるとちょっと心苦しくもあり…

 

もう一つは、自分は新品ピカピカのジュエリーよりも、時を経てなおその魅力が落ちていないようなものが好きなので、

本当に良いかどうかは時を経てみないとわからない。と、思っている節もあるかも…

(そういう事に気付けるので、こうやってブログ書いてみるのもやっぱり結構役に立ったりする)

 

とか、製作の依頼に関しては、モラトリアム人間状態に陥って、先に進めません・・・。

 

んで、話は戻りますが、

ご依頼を受けたケースが、自分が進めていたものと重なる部分があり、今回は受けてみることにしました。

正確にいうと、依頼を受けるというよりは、

とりあえず、こちらの方で作ってみますので、気に入ったら購入してくださいね。

という感じ・・・

これだと、失敗しても、お客様にリスクはなく、納品後がっかりされることもありませんからね・・・

その代り、納期は決めませんし、いつになるかわかりませんけど良いですか?

 

という提案をしましたところ、快く受けてくださり、

このプロジェクトがスタートしました。

 

と言っても、この記事を書くまでに早1か月半。

 

すすんだことと言えば、この記事を書いたことだけ・・・

 

さて、いつ出来上がる事やら…

納期を決めない自由を得るというのは結構心地よいもので、

その間、結構脳内で好きなだけ寝かせて熟成できます。

 

製作のプロであれば、そういう事はないのでしょうが、

製作のアマチュア。しかも、ジュエラーではなく、質屋。

 

こういうのを、回数こなせば、オーダーを受ける自信がつくのかもしれないし、

期待半分、不安半分。先が見えないのは結構楽しい。

そんな感じ・・・


2018/8/6

いつもお願いしている職人さんは、腕に間違いはないけれども、

私が始めたいなぁと思っている制作に関しては、

長い時間かけて試行錯誤しながら

と、思っていたこともあり、同世代か、もしくは私より若い人で考えていましたが…

 

年齢もやや近いし、この人はピッタリじゃないか!

と、思った方にお話を聞いてみましたが…

今の時代は、1点ものの制作ではやっていけない。

今は、生き残るために、修理、仕上げ など、メンテナンスに特化していて、

制作の依頼は受けることができませんと言われました。😢

ガーン…

思っていた展開とちがーう。

いろいろ思うところはあるけれども、自分に熱がある限りは道は開けるという事で、

諦めずに頑張る。

&もう一件、別のところにも相談はいっていて、そちらはなんとかできそうな気配ではある。

ホントは、2つ作って比べてみたかったんだけどなー・・・

といった感じ。