山口銀行 旧本店 内観
2

下関 山口銀行旧本店 などなど

たまに出張で、下関に行くのですが、

下関は何気に近代建築が多いので、時間を作って散策するのが楽しみです。

下関南部町郵便局 外観

下関南部町郵便局 外観

下関南部町郵便局 外観

下関南部町郵便局 外観 奥に旧秋田商会ビル

下関南部町郵便局 入り口

こちら、明治生まれの現役の郵便局。下関南部町郵便局

現役の郵便局なんだそうです。頭が下がりますね〜

 

 

旧英国領事館。

屋根は瓦だったんですね〜

 

車の通りの少ないのどかな道をてくてく歩いていくと・・・

 

突如現れる神殿!

今回の目的地山口銀行旧本店!!!

すご〜 存在感にテンション上がる〜。

カワイイタイル。

中に入っていくと・・・

うぉぉぉぉ〜

すげー!

いやー、来て良かった。

平日とはいえ、滞在中誰もいませんでしたので、この空間を独り占め・・・

大正9年 1920年生まれ。 もうすぐ100歳ですね。

明治の建物はレンガで、こちらはコンクリート建築ですから、

より、現代との文化的、技術的連続性を感じます。

 

戦前と戦後で何もかもが分断されているのではなく、

繋がっているものはいろいろあるのだろうと・・・

ジュエリーというと、小さいもので流行もありますから、ついつい視線が狭くなりがちですが、100年という時間を俯瞰的に見ることができるようなきっかけとして、こういう近代の建造物を眺めるようにしています。

 

2階からの眺め

うぅ〜ん。良い眺め。

カフェとか、ライブとかやってみると楽しそうだけどなぁ〜 と、思いました。

 

3枚のカワイイ扉・・・

トイレですが(笑)

 

タイルもカワイイ。いろんなものが染み込んでそうですが・・・

 

 

おまけ・・・

神殿の一室にあった給湯室

めちゃめちゃ昭和な空間が広がっていました。

懐かしぃ〜。 このレトロ感、チープ感たまりません。

懐かしの昭和の再現ではなく、現役バリバリ。

た、たまらん・・・

気づけばこういうガラスも減りましたね〜。

当たり前に存在すると思っていたものが、気づいたらない。

時代的には千本透かしリングとどう時代だと思いますが、千本透かしも同じですね。

当たり前にあると思っていても、探し出すのは結構大変。

 

 

山口銀行旧本店を後にしてくてく歩いていくと・・・

なにやら別の神殿の雰囲気のある建物が・・・

ろうきん 下関市店なんだそうです。

こちらは昭和一桁台の生まれなんだそうです。

側面の壁と、表の雰囲気に戸惑いましたが、雰囲気ありますなぁ〜

地元の方々は当たり前の景色になっているのかもしれませんが、なかなかにスペシャルなことだと思います。

 

 

2 thoughts on “下関 山口銀行旧本店 などなど”

    • コメントありがとうございます。
      また伺いたくなる素晴らしい建物でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください