0

唐草 を 唐草透かし と呼ぼうかな… いやいや、それは違う。

今まで、唐草唐草と言ってきましたが、

からくさ / 唐草 / vignette

彫の唐草もあれば、透かしの唐草もある…

という事は、唐草透かし と、呼んであげた方がわかりやすいかな?

線で作った唐草の良さは、透かしにあるわけですし…

「透かし 意味」で、検索してみると…

すかし
透かし
 
  1. 1.
    すきまを作ること。彫ったりしてすきまを作った所。
  2. 2.
    紙をあかりにすかす時見える模様・文字。

 

・・・、いや、でも透かしって、彫るという意味があるなら透かしは変ですよね・・・

「彫ったり」の「たり」が、微妙な表現ですが、

「すきまを作った」これは、自分が言っている唐草は、逆に隙間を埋めているので、

「唐草透かし」という表現は、この写真のようなものには使えませんね。

 

振出しに戻る・・・

ちょっと、疲れてるかも。。。

 

 

うーむ、でも、千本透かしって埋まった地金箇所に隙間を開けていくのに対し、

彫ではなく、写真のような唐草は、空いた空間を埋めていく。

完成に向かうアプローチが逆ですよね。 そういえば、そういう風に見てこなかったので新たな発見かも・・・

昭和ジュエリー

からくさ / 唐草 / vignette

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください