0

制約がある中での技

先日、納品しましたペンダント
仕上げをお願いしに職人さんへお渡しすると・・・

とても興味深げにルーペでのぞき込んだり、触ったりしながら頭をひねっていました。

私が、「どうしたんですか?」と聞くと、

今なら、レーザーで溶接することで簡単に作れるけれども、

レーザーを使わずに、熱に弱い真珠がこのようにセットされているけれども、

どうやって枠をロウ付けしたのだろうか?? と、頭をひねっておりました。

最終的な結論としては、

まず枠を完成させる。(正し、中の金線は片方だけ固定、金線を櫛状にしておいて線の先は枠の外へ)

真珠を通す。

それから、金線の先を枠の中へ押し込む。

この工程で作っているであろう。

との事でした。

な・る・ほ・ど~

遠く離れたイタリアの職人さんの思考に触れた気がしました。

そして、私も、これを見た瞬間 ??? と、ならなければなぁとも…

ジュエリーは金属ですから、熱を使います。

熱に耐えることができる宝石、そうではない宝石、いろいろあり、

そういう素材の特性を考えながら、モノづくりをする。

頭で描いたことが何でもできるわけではなく、

制約だらけの中から良いものを作っていくという、

手作りの神髄というか、創意工夫というか、作り手の思考というか、

そういう事に気付けるのもハンドメイドジュエリーの楽しさですね。

これが、現代ものになると、工夫は工夫でも、いかに製造コストを下げるか
的な工夫が垣間見えるので、げんなりするんですよね…(笑)
まぁ、しかし、何でも高ければいいってわけではありませんから、
それはそれで立派な努力なんだとは思いますが、

普通にちゃんとした仕事をしているハンドメイドジュエリー
今回はイタリア製でしたが、日本のヴィンテージジュエリーにはそういう手仕事感がたくさん詰まっていますので、
そういうところも好きなんですよね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください