0




 
 
仕入の際に、これ作りは良いんだけど、なかなかお声がかかるタイプではないから、
入手するのはやめておこう。ゴメンネ
と、思う事が多々あります。
 
これでよいのだろうか?
と、考えた時に、やっぱりまだ自分にできることがあるのではないかと考えたりしますが、
昭和のハンドメイドジュエリーのファンさえ増えれば、もう少し何とかできるわけで、
昭和のジュエリーの良さを、繰り返しになるかもしれませんが、
説いていくことも大事だなぁと思っております。
ついつい、細かい技法的な部分の事を書いてしまいますが、
もうちょっと、多くの方々にご理解、共感いただくにはどうしたらよいだろうかと考える日々です。
 
 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください