パライバトルマリン ネオンカラー
0

撮影環境による違い パライバトルマリン編

http://classics-hakozaki.blogspot.jp/2016/04/1ctuppt90012.html

パライバトルマリンについて写真での見え方のご質問がありましたので、

改めて、ササッと撮影してみました。当日は小雨の降る曇。午前10:30頃

大抵撮影している環境 北側と、北西側に半透明のガラス窓、真上に蛍光灯

パライバトルマリン リング

蛍光灯を消灯。北側と、北西側に半透明のガラス窓。ちょっと薄暗い中での撮影。

パライバトルマリン リング

窓に近づいて、十分な光の中での撮影。

パライバトルマリン リング

屋外で撮影。

パライバトルマリン リング

 

晴天下だと、紫外線の関係で撮影の結果も違ってくるのかもしれませんが、今回は蛍光灯を消した状態の薄暗い中で撮影した分が背景の黒が綺麗になったくらいで、さほど大きな違いはなさそうです。

そもそも、私が使っているカメラがコンパクトカメラなので、シャッター速度等などを勝手に変更して撮影してくれるので、

同じ条件という事はなく、写真毎にカメラの設定は変わっていると思います。

カメラの事もあまり詳しくないのですが…

晴天の日があれば・・・、撮影できたとしたら… 写真UPしときます。

時間帯も同じようにできればいいですが、あまり期待しないでください・・・


追記

翌日、陽射しは弱かったですが、少し晴れ間のある天気でしたので、日光下で撮影してみました。 同時間帯。

日光下の方が力ありますね。

パライバトルマリン リング img_7569 img_7570 img_7571

↓屋外の日陰で撮影

img_7572img_7573 img_7574

 

このような感じです。

宝石は、その他多くの美術品と違い、持ち運べるところが良いですね。

様々な環境下で楽しめるのは所有された方の特権ですね。

 

 

渕上清志のパライバトルマリン観

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください