0

アメジスト ちょっとゆるめの王冠透かし 2段透かし リング #12

img_7769 img_7771 img_7772 img_7773 img_7774 img_7775 img_7776 img_7777 img_7778 img_7779 img_7780

 

今までは、この透かし方を、職人さんに習って、千本透かしの 穴透かし と、呼んでいましたが、
こちらの、書籍の日本装身具史では、王冠透かしと記載されています。

ちょっと迷っていますが、穴透かしよりは名前もいい感じですし、著者の露木先生にいろいろと学ばせてもらう事も多いので、これから、王冠透かしと読んでみようかなと思います。

ただ、こういう技法は、その土地土地、場所場所での呼び方などあると思いますので、どれが正解とかそういうものではなく、どれも正解かなと思っています。

ただ、こちらはゆるゆるの穴透かし。じゃなくて、これからは、王冠透かしと呼ばせてもらいますが・・・

手作りではなく、鋳造かな?と、思います。

王冠透かしと、アーチ状の透かしの2段透かし。

石に、表面に達しているインクルージョンはありますが、

石そのもののコンディションは、経年の割には綺麗です。

石の形によるものなのか、テーブル面が斜めってます。

ピシッとしたジュエリーがお好きな方にはお勧めできませんが、

形もそうですが、どこかかわいげのあるリングです。

仕上げの後納品いたします。

ご購入はこちらをクリック!→http://classics.shop-pro.jp/?pid=110006553

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください