0

消えゆく質屋(それでも、金製品は理由なく売らない方がよいと思います。)

こんにちは。絶滅危惧商売の質屋の渕上です。

こんな記事をみつけました・・・

消えゆく質屋、4割が商売自体を「知らない」 http://diamond.jp/articles/-/112018

 

うん、まぁ・・・

時代の流れと言いますか、

多くの人にとっては、

無担保でお金が借りられ、物欲もあまりなくなった。

 

そんなよき?時代のニュースかな?と・・・

 

質屋でお金を借りてください。

とは、言いませんし、そういう状況にならないように計画的なやりくりをしてくださいねとお伝えしたいですが・・・

万が一の状態になった時に、手を差し伸べてあげれない方々がたまにいらっしゃいますので、この場を借りてお伝えしたいことなのですが…

万が一急に現金が必要になった時に、あわてないでいい程度の金製品は持っておいていたほうがいいのかなとは思います。

 

現時点で、まさか、この日本でインドのようなことが起きることは考えにくいですが、

急なインフレ、急な円価格の下落、そういった時に力を発揮するのが、資産としての金だったりもしますので、

 

装身具、美術、工芸品としてのジュエリーという意味だけでなく、

 

資産として金製品を全資産の5%位は持っていてもいいのではないでしょうか?

 

・・・と、書きかけて、豊島逸夫さんの記事を再度ググってみたら…

http://gold.mmc.co.jp/faq/entry.html

http://gold.mmc.co.jp/toshima_t/2004/04/009.html

じゅ、10%・・・

じゅ、15%?!

うーむ、一般的な日本人だとこの数字に達している人はごくわずかな気もします・・・

 

日本円盤石、リスクに強い日本円みたいな時代の空気はありますが、

イギリスEU離脱、次期大統領がトランプ氏になるなど、

通常世間一般の価値観ではない思わぬ結果になったりもしますので、

金を資産として持っておくといいかもしれない。そういう価値観もあるんだなと小耳にはさんでいただけると嬉しかです。

 

あ、そうそう、重量物のインゴットなんてものは換金時の効率はいいかもしれませんが、

いざという時の小回りききにくかったりもします。難しいですね。

ちょっとした喜平のネックレスとか、そういうものをチョコチョコ買っておくとか、

今持っているものを理由もなく売らないとか、そんな感じで…

(何か目的があって、現金が必要な時に、不要な地金製品を売るとかそういうのはよいとは思います。)

そういったことが、質屋としてのアドバイスかなと思います。

 

あ、そうそう、金価格高騰時に業界人の大勢がわっしょいわっしょいで買取に走った事は忘れて、

質屋の客が減った~ とか言ってるの聞くと、なんだそれ~ 自分らも金買取に一生懸命だったじゃん!、将来(現在)の質草(金製品)を買い取って、潰してしまってるじゃん!

って思ってしまいます。 

現時点だと、プラチナよりも結構高い金。価格としてはピークよりも低いですが…

今が買い時売り時わかりませんので、今買った方がいいですよとも言えませんが…

プラチナは金より安いという状態は、歴史的に見てもあまりないので、買うとしたらプラチナな気もしますが、現在だと需要があまりないので、この先どうなるかもわかりませんので、

私は買い時売り時の判断はできません。

できるとすれば、持っている金は目的があれば別ですが、目的がない場合は無理に売らずに置いといていいかもしれませんよ。

と言う位ですかね?

 

何を書きたいのかよくわからなくなってきましたが…

消えゆく質屋の中でもう少しは生き残っていきたいと思っております。(爆)

 

金製品を売るなとは言っているわけではなく、諸々の事を踏まえたうえでお売りになりたい方はお気軽にご相談ください。頑張って査定いたします。(←って、お前もかっ!っていう突っ込みはご勘弁を・・・)

 

こういう記事に興味を持っていただいた方は、過去にもつらつらと書いていますので、よかったらどうぞ。

 

つぶやき 「プチ資産持ってますか?」編

http://www.hizenya.me/cat21790810/index.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください