0

翡翠 ダイヤモンド取巻 P.m 千本透かし リング#10

色と、透明感どちらも良い感じで、結構綺麗です。

インクルージョンは割とあります。

取巻きのダイヤモンドは綺麗ですが、1石残念ながら大きく欠けているものがあります。

肉眼での見た目としてほぼ気付かない範囲だと思いますので、あえて石を入れ替えるよりはそのままでよいのかな?という判断です。

年代は、昭和30年代といったところでしょうか?合成石全盛の時代にあって、ダイヤモンドを使用し、この品質の翡翠となると、別格感はかなりのものだったろうと思います。

手で透かした千本透かしの手造り枠。 ミル打ちの粒々もしっかりあって、繊細精緻品格のあるジュエリーです。

仕上済み

ご購入はこちらをクリック!↓
http://classics.shop-pro.jp/?pid=107758692

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください